「東北作業療法学会」好評書のご紹介

第1位

作業で語る事例報告
作業療法レジメの書きかた・考えかた

定価:3,500円+税  発行:医学書院(2014年03月)  ISBN:978-4-7581-1743-2

【内 容】

事例報告はセラピストの思考を体系化し、臨床家としての「型」を作る

一人前の作業療法士になる成長過程において、作業に焦点を当てた実践の型を身につけることは非常に大切である。その実践における型が凝縮されているのが「事例報告」といえる。本書では、作業に焦点を当てた実践を行うために必要な基礎知識、また代表的理論や評価法、治療手技を紹介した後に、クライエントとの協働から生まれた良質な31の事例報告を掲載している。作業療法の楽しさがわかる全項目見開き完結型の事例報告指南書。

 

第2位

ユマニチュード入門

定価:2,000円+税  発行:医学書院(2014年06月)  ISBN:978-4-260-02028-2

【内 容】

魔法? 奇跡? いえ「技術」です。

「この本には常識しか書かれていません。しかし、常識を徹底させると革命になります。」——認知症ケアの新しい技法として注目を集める「ユマニチュード」。攻撃的になったり、徘徊するお年寄りを“こちらの世界”に戻す様子を指して「魔法のような」とも称されます。しかし、これは伝達可能な《技術》です。「見る」「話す」「触れる」「立つ」という看護の基本中の基本をただ徹底させるだけですが、そこには精神論でもマニュアルでもないコツがあるのです。開発者と日本の臨床家たちが協力してつくり上げた決定版入門書!

 

第3位

イラストでわかる
生活支援のためのリハビリ・プログラム1自分を広げよう

定価:2,600円+税  発行:青海社(2006年12月)  ISBN:978-4-902249-24-8

【内 容】

朝日新聞社説で「訪ねてみると、驚きの連続」と紹介された夢のみずうみ村デイサービスセンターのリハビリ・プログラムを豊富なイラストとともに一挙満載。ICF(国際生活機能分類)に沿って、だれでも、どこでも生活の中で楽しくリハビリできる。第1巻「自分を広げよう」編では61、第2巻「視界を広げよう」編では60、第3巻「生活を広げよう」編では56、第4巻「人生を広げよう」編では26のプログラムを紹介する。

内容は活動を捉えやすいように、〈ねらい〉〈手順〉〈ちょっとしたヒント〉〈特にお勧めしたい方〉に分けて解説されている。また、活動の評価が一目で理解できる〈活動MILK成分表〉をそれぞれのプログラムに付した。病院・施設で働くセラピスト・福祉関係者、生活の中でリハビリを楽しみたい本人にお勧めのイラスト解説集。

 

 ※書籍情報がすべて出版社Webサイトからの引用です。