「日本胆道学会学術集会」好評書のご紹介

第1位

胆道疾患を診る医師のための胆道病理テキスト

定価:15,000円+税  発行:南江堂  ISBN:978-4-524-26188-8

胆道疾患を診る医師のための胆道病理テキスト

【内 容】

好評書『肝臓を診る医師のための肝臓病理テキスト』の姉妹書。臨床の観点から必要とされる胆道病理の基礎的・実践的な内容を網羅。数多くのカラー写真と第一人者による実践的な解説で、臨床に必要な病理の知識が確実に身につく。研修医・消化器科医の教科書としてだけでなく、専門医の知識を深める参考書としても活躍必至。胆道を診る“すべての医師”におすすめの病理テキスト。

 

第2位

エビデンスに基づいた 胆道癌診療ガイドライン 改訂第2版

定価:3,500円+税  発行:医学図書出版  ISBN:978-4-86517-083-2

【内 容】

2007年に発刊された『胆道癌診療ガイドライン』の改訂第2版! 7年ぶりの改訂では、ガイドライン作成委員に様々な分野のエキスパートの先生方を増員し、内容もボリュームアップ! 胆道癌に悩める患者さんを診療する臨床医に役立つガイドラインです。

 

第3位

肝胆膵 71巻3号(2015年9月号)

定価:3,000円+税  発行:アークメディア

【内 容】

●特集:難治な胆道良性疾患の対処法を考える

 

第4位

胆と膵 36巻8号(2015年8月号)

定価:2,900円+税  発行:医学図書出版  ISBN:978-4-86517-124-2

【内 容】

●特集:EUS 下胆道ドレナージ~EUS‒BD の安全な導入へ向けて~ 企画:伊佐山浩通

 

第5位

肝胆膵 71巻1号(2015年7月号)

定価:3,000円+税  発行:アークメディア

【内 容】

●特集:新 膵癌治療-アブラキサン・FOLFIRINOXをどう使うか

 

 

※書籍情報はすべて出版社Webサイトからの引用です。