「日本消化器外科学会」好評書のご紹介

第1位

ガイドラインには載っていない 消化管がんPractical Treatment

定価:5,200 円+税  発行:メジカルビュー社(2014年7月)  ISBN:978-4-7583-0373-6

【内 容】

抗がん剤治療において,ガイドライン通りの治療では対処できない場合が往々にしてみられる。本書は合併症・基礎疾患をもつ患者,臨床試験がほとんど実施さ れていない対照群など,エビデンスの乏しい大腸がん,胃がん,食道がん,GIST患者に対する治療について,一般病院での治療の疑問に対してがん薬物療法 医がどう対処し,治療するかを詳しく解説している。
各項目は「point」のほか,相対する考え方がある場合に両論を併記し「pros」「cons」のアイコンでわかりやすく論点を整理。化学療法に手術療法や放射線療法を加えた集学的治療を掲載し,化学療法だけではない治療全般にも対応する。

 第2位

正しい膜構造の理解からとらえなおす ヘルニア手術のエッセンス

定価:9,000円+税  発行:医学書院(2014年7月)  ISBN:978-4-260-01927-9

【内 容】

臨床解剖学に基づいた精緻な考察と明快なイラストで、ヘルニア手術を解きほぐす

外科医にとって必修とされるヘルニア手術は、基本的手術だからこそ奥が深い。本書では、発生学に基づいた正しい膜構造の理解をベースに、術式の原典までさ かのぼり、ヘルニア手術を深く精緻に考察していく。用語の定義・臨床解剖から各部位別の手術手技まで、美しく明快なイラストとともに懇切丁寧に解説した手 術アトラスであり、読者の知的好奇心を刺激する。若手はもちろん、ベテラン外科医にも新たな気づきを与えてくれる1冊。

 第3位

カール先生の大腸内視鏡挿入術 [Non-loop法]の挿入理論とテクニック

定価:7,800円+税  発行:日本医事新報社(2014年7月)  ISBN:978-4-7849-4431-6

【内 容】

すべてのコロノスコピストが目指す究極の挿入法

第1章 Non-loop法とは

第2章 スコープ操作

第3章 Non-loop法の組み立て

第4章 S状結腸の挿入パターン

第5章 後半戦:LCFからCまで

第6章 ループ形成

第7章 ケーススタディ

 

※書籍情報はすべて出版社Webサイトからの引用です。