「日本新生児成育医学会」「日本新生児看護学会」好評書のご紹介

第1位

出生と死をめぐる生命倫理

定価:2,700円+税  発行:医学書院  ISBN:978-4-260-02401-3

【内 容】

出生をめぐる生命倫理の考え方を示す「仁志田生命倫理学」の決定版

40年にわたり日本の新生児医療を牽引してきた著者が、臨床で経験した事例や海外の事例を交えつつ、周産期における生命倫理の考え方を述べる。1970年代はじめの日本において、臨床倫理の素地を関係者たちと固めていった歴史的な観点も踏まえて倫理観を語り、出生をめぐる生命倫理を考える道筋を読者に示す。『助産雑誌』 好評連載の待望の書籍化

 

第2位

周産期スタッフのためのよくわかる新生児の血液ガス

定価:2,600円+税  発行:メディカ出版  ISBN:978-4-8404-5468-1

【内 容】

血液ガスのもやもや、これで晴れる!

血液ガスデータが赤ちゃんのどんな病態を反映しているのかを正しく理解し、他の指標と合わせて総合的に判断していくことは、適切な治療・ケアのために欠かせない。分娩管理や新生児集中治療において必要な血液ガス分析・酸塩基平衡の知識をやさしく解説する。

 

第3位

エビデンスにもとづく早産児母乳育児マニュアル

定価:3,700円+税  発行:メディカ出版  ISBN:978-4-8404-5469-8

【内 容】

母乳バンクの運用手順をまとめた初の書籍

超早期授乳から搾母乳の取り扱い、母乳バンクの運営方法まで、NICUで母乳を安全かつ有効に扱うための指針が一冊に! 小さく生まれた赤ちゃんに健やかな発育・発達をもたらすための知識が満載の、NICUスタッフ必読の書。そのまま使える便利ツールも収載。

 

第4位

小児看護38巻12号( 2015年11月号)

定価:1,600円+税  発行:へるす出版

【内 容】

●特集:新生児の痛みのケア

 

第5位

周産期医学45巻7号(2015年7月号)

定価:2,800円+税  発行:東京医学社

【内 容】

●特集:周産期救急の初期対応:そのポイントとピットフォール 胎児・新生児編

 

 

※書籍情報はすべて出版社Webサイトからの引用です。