「日本動脈硬化学会」好評書のご紹介

第1位

そうだったんだ!脂肪酸

定価:8,000円+税  発行:文光堂  ISBN:978-4-8306-1919-9

【内 容】

脂肪酸の作用機序から最近のエビデンスに至るまで,PUFAに対する理解が深まる1冊!

PUFAあるいは脂肪酸といってもピンとこない方のために,本書は,PUFAに関する知識の乏しい初心者向けに,その作用機序から最近のエビデンスに至る まで,その分野のエキスパートが,わかりやすく記述することにより,医療従事者のPUFAに対する理解を深めることを目的とした.
☆図版143点,表組30点,カラー写真9点,モノクロ写真1点

 

第2位

あなたも名医!パターンで把握する脂質異常症
押さえておきたい処方のバリエーション(jmedmook31)

定価:3,500円+税  発行:日本医事新報社  ISBN:978-4-7849-6431-4

【内 容】

どんな場合に薬物治療をするか?薬剤選択はどうする?特に合併症のある場合の治療は?

動脈硬化性疾患の危険因子の1つである脂質異常症に的を絞り、その管理や治療についてわかりやすく解説!どんな場合に薬物治療をするか?薬剤選択はどうする?特に合併症のある場合の治療は?各病態での治療指針の概説にとどまらず、様々なクリニカルクエスチョンに答えつつ、実際の症例に基づいた治療指針(薬物処方)のバリエーションを開陳!ガイドラインをどのように読み解き、具体的な管理(治療・処方)をして行けばよいかもわかります!

 

第3位

脂質異常症 診療ガイド Q&A

定価:3,800円+税  発行:南山堂  ISBN:978-4-525-23401-0

【内 容】

動脈硬化性疾患・心筋梗塞・脳卒中をもたらす重要な危険因子である脂質異常症をLDL-C,HDL-C,TGなどの脂質値からどのように診療していくか? 高血圧や糖尿病をあわせもつ場合や,ライフステージ,リスクチャートに応じた治療・管理方法とは? 具体的な症例を示しながら,経口薬の選択や管理目標値 についてQ&A形式でわかりやすく解説した1冊.

 

第4位

異所性脂肪 第2版 メタボリックシンドロームの新常識

定価:3,800円+税  発行:日本医事新報社  ISBN:978-4-7849-5464-3

【内 容】

やせているのにメタボ?! 日本人のメタボを考える上で欠かせない一冊

・皮下脂肪・内臓脂肪に次ぐ「第三の脂肪」といわれる異所性脂肪。その「脂肪毒性」が、日本人の糖尿病や脂肪肝、冠動脈疾患の原因として注目されています。

・日本人は皮下脂肪の貯蔵能が低いために異所性脂肪が蓄積しやすく、「細胞内肥満」の状態になりやすいのです。

・異所性脂肪の蓄積メカニズムと、メタボリックシンドロームとの関わりを最新の研究にもとづいて解説しました。

・特定健診・特定保健指導に関わる方々も必読の一冊です。

 

第5位

循環器疾患ディベート

定価:4,000円+税  発行:メディカル・サイエンス・インターナショナル  ISBN:978-4-89592-785-7

【内 容】

その「エビデンス」は臨床で使えるか?プロを目指す医師の前頭葉を刺激する実戦的Pro/Con道場

不整脈・心不全・虚血の治療に関する一人ディベート集。各章のテーマに対してPro/Con/個人的見解に分け、それぞれが拠って立つエビデンスの検討を 中心に、あえて辛辣で過激な討論を展開する。経験や勘を必要としない「マニュアル」の思想とは対極的に、超辛口な記述を通して前頭葉を刺激する「考える 種」を読者に投げかける。循環器を診る若手医師、EBMを念頭に置くすべての医師に向け「プロはこう考える」を提示する。

 

※書籍情報はすべて出版社Webサイトからの引用です。